ココナッツオイル アトピー

スポンサードリンク

ココナッツオイルでアトピーをケアすることはできる?

ココナッツオイルとアトピー性皮膚炎のケア

ココナッツオイルは食用のみならず、スキンケア剤として使われることがあります。

 

ココナッツオイルは、アトピー性皮膚炎にも効果があることが報告されています。

 

ココナッツオイルは医薬品ではありませんが、安全で肌にやさしく、乾燥を防止して、美肌へと導いてくれます。

 

ここでは、あまり日本人には馴染みのないココナッツオイルですが、敏感肌・アトピーにも効果絶大なその成分について、ご紹介します。


ココナッツオイルとアトピーとラウリン酸

ココナッツオイルには、「ラウリン酸」という成分が含まれています。

 

ラウリン酸は、母乳の免疫強化要素であり、体内の免疫力を向上させるといわれています。

 

アトピーの方は、毎日大さじ1杯ほどを摂取することをおすすめします。

 

身体の内側からもアトピーを改善してくれる効果があります。

 

ラウリン酸は粒子が小さいので、胃腸で消化する際に、臓器に負担をかけないで吸収することができます。

 

消化する際に、胃潰瘍や大腸炎もケアしてくれて、胃潰瘍の原因とされるピロリ菌を抑制する効果もあります。

ココナッツオイルとアトピーと飽和脂肪酸

飽和脂肪酸が多く含まれているココナッツオイルは、アトピーの改善はもちろん、健康や美容、ダイエット効果など、さまざまな効果が期待できます。

 

海外では以前からその効果の高さが注目されていましたが、現在では日本でも、愛用者が増加しています。

 

しかしなぜ、日本ではなかなか注目されなかったのでしょうか。

 

それは、飽和脂肪酸が関係していると思われます。

 

ココナッツオイルは、実は「中鎖脂肪酸」という種類であり、消化吸収が早く、健康効果が期待できるオイルです。

ココナッツオイルとアトピーと毒素排出

飽和脂肪酸には、中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸があるのですが、飽和脂肪酸=長鎖脂肪酸であると勘違いされていました。

 

長鎖脂肪酸は、コレステロール値の上昇や、動脈硬化を招くと考えられていたために、日本では最近になるまで、注目されていなかったという背景があります。

 

 

ココナッツオイルを肌に塗ると、10分程で皮膚から吸収されて、臓器の老化物を溶かし解毒します。そして、その毒素を皮膚から体外へ排出してくれます。

 

毒素を体外へ排出する作用があるために、アトピーに効果があるというわけです。

ココナッツオイルとアトピー性皮膚炎のケア記事一覧

ココナッツオイルを使うとアトピーは悪化する?

このココナッツオイルはアトピーに効果があると話題になっています。ですが、実際に使ってみる前に悪化してしまうのではないか?と心配してしまう人もなかには多いようです。ですが、先に述べてしまいますと、悪化することはまずないと考えてもいいでしょう。もちろん、症状などによりかかりつけのお医者さんに相談すること...

≫続きを読む

ココナッツオイルのアトピー皮膚炎に対する効果をチェック!

アトピーや敏感肌な人に効果があるのがココナッツオイルです。ココナッツオイルは乾燥を防止する働きがあり、肌にもやさしいです。アトピーや敏感肌で荒れた皮膚をきれいな状態にしてくれる効果があります。それはココナッツオイルに含まれている成分の働きによるものです。ココナッツオイルは、古来より南の島では日焼けに...

≫続きを読む

赤ちゃんのアトピー肌をココナッツオイルでケア

アトピー肌である赤ちゃんだったりすると乾燥しやすくなってくる心配もすごくありますが、できるだけ保湿ケアを徹底してみると肌トラブルも改善しやすくなってきます。肌がとても弱い体質であるとあまり強い成分の入っているクリームやオイルなどを避けるのがもっともですが、天然なもので作られているココナッツオイルなど...

≫続きを読む

スポンサードリンク