ココナッツオイル アトピー 悪化

スポンサードリンク

ココナッツオイルを使ってもアトピーは悪化しない?

ココナッツオイルを使うとアトピーは悪化する?

このココナッツオイルはアトピーに効果があると話題になっています。

 

ですが、実際に使ってみる前に悪化してしまうのではないか?と心配してしまう人もなかには多いようです。

 

ですが、先に述べてしまいますと、悪化することはまずないと考えてもいいでしょう。

 

もちろん、症状などによりかかりつけのお医者さんに相談することは非常に重要なことですが、ココナッツオイルを使うことで悪化することはほぼないといってもいいのではないかと思います。


ココナッツオイルとアトピー性皮膚炎の悪化とケア

アトピーとは、正式名をアトピー性皮膚炎といい、強い皮膚のかゆみが慢性的に続く症状を伴います。

 

幼少期に発症することが多く、大人になるにつれ症状が軽くなる人もいますが、どんどん悪化してしまう場合もあります。

 

治療法としては、肌の保湿をしっかりしたり、刺激の少ないスキンケアをしたりします。

 

また、酷い場合にはステロイド系の塗り薬を使用する場合もあります。

ココナッツオイルとアトピーとステロイド系の薬を使うことによる悪化

しかし、このステロイド系の塗り薬は強い薬なので肌に負担がかかったり、皮膚が黒ずんだりという悪化したような副作用を伴う場合もあるのです。

 

そんなとき、刺激が少ない保湿スキンケアとしてココナッツオイルが使えるのです。

 

もともとアメリカではアトピーのケアや、肌を保湿し、やわらかくする効果があると言われていました。

 

使い方は、お風呂やシャワー、洗顔の後に軽く水分を拭き取った肌にオイルを馴染ませるだけです。

 

オイルはとても伸びがよいので、しっかりと身体全体を保湿することができます。

 

しっかり塗っても肌馴染みが良いのでベタついたりする心配もありません。

 

このようなスキンケア方法に変えただけで、アトピーの症状が軽くなったという人がいます。

 

また、刺激の少なさと高い保湿力のおかげで、肌が乾燥することがなくなり、掻いてしまって悪化させてしまうということが少なくなったという人もいます。

 

アトピーの治療として強い薬を使うことには抵抗があるけれど、つらい症状を改善したいという人は、ココナッツオイルでのスキンケアを試してみてください。

スポンサードリンク

関連ページ

効果
なぜココナッツオイルはアトピー性皮膚炎に効果があるといわれるのか?チェックしてみました。
赤ちゃん
赤ちゃんのアトピー肌をココナッツオイルでケアすることはできる?