ココナッツオイル 認知症

スポンサードリンク

ココナッツオイルと認知症について

ココナッツオイルは認知症改善に役立つか?

アルツハイマー病などの脳の神経細胞の変性によって認知症が発生してしまうケースはここ数年非常に増えてきていますが、その有効な治療方法というのは未だに確率されたものはないというのが現状です。

 

しかし、アメリカ人医師が夫のアルツハイマー病による認知障害をココナッツオイルで改善することができた、という事例から、認知症に悩む多くの人からココナッツオイルが注目され始めるようになりました。

 

当然、そうした人々が関心を抱くのは、ココナッツオイルがどの程度認知症を効果を発揮してくれるのか?という部分です。


ココナッツオイルで認知症の完治は自体できない

ココナッツオイルで認知症自体、そのものを治す、つまり完治させることはできない、というのが今の現状です。

 

ですが、大幅に認知障害を改善させた先ほどのアメリカ人医師の夫の例からも、今後認知症患者さんと生活をしていくなど、近しい関係にある人はココナッツオイルの認知症に対する作用を知っておくことは非常に重要なことだと言えます。

ココナッツオイルと認知症に効果があるとされるメカニズム

アルツハイマー病による認知症が発生してしまう原理は、脳のなかにはる神経細胞が障害を起こすことによるものです。

 

脳の神経細胞は通常であれば、グルコース(ブドウ糖)をエネルギー源としているのですが、アルツハイマー病になってしまうと、このエネルギー源であるグルコースが使えない状態になってしまいます。

 

つまり、活動するためのエネルギーがなくなってしまったといってもいいでしょう。

 

そして、認知症、認知障害は引き起こされてしまいます。

 

さて、ではココナッツオイルはどうしてこの状態を改善することができるのでしょうか?

ココナッツオイルと認知症の改善

ココナッツオイルが認知症の改善に効果があるとされている理由は、先ほどグルコースの代替役を担うことができるから、とされています。

 

つまり、脳の神経細胞が活動するためのエネルギー源をココナッツオイルで補うことができる、ということですね。これが最大のポイントです。

 

つまり、ココナッツオイルを食事のなかで取り入れることが認知症の改善に役立つということです。

ココナッツオイルと認知症とケトン体

ココナッツオイルをとるとその構成要素である中鎖脂肪酸というものを取り入れることができることになるのですが、この中鎖脂肪酸は体内に入ると、肝臓でケトン体に分解されます。

 

そして、このケトン体こそが神経細胞のエネルギー源としてグルコースの代わりを果たす役目をすることになるんです。

ココナッツオイルは認知症改善に役立つか?記事一覧

ココナッツオイルで認知症をケアをするための摂取量は?

ココナッツオイルを食事のなかに取り入れることによって、認知症を改善へと導いていくためにどの程度の摂取量が必要になってくるのでしょうか?ココナッツオイルが認知症を改善させた事例としてアメリカでの事例をお話しします。その事例とは、毎日大さじ2杯半のココナッツオイルを朝昼晩の3回、アルツハイマー病による認...

≫続きを読む

ココナッツオイルで認知症を予防は可能?

ココナッツオイルをとることによって認知症が予防できるのではないか?と言われることがありますが、これはいったいどういうことなのでしょうか?認知症は脳の神経細胞が変性をきたすことで発症するものといわれていますが、ここで重要なことは脳の神経細胞の変性が認知症としてはっきりとその症状がでてくる以前に始まって...

≫続きを読む

スポンサードリンク