ココナッツオイル 認知症 摂取量

スポンサードリンク

ココナッツオイルと認知症と摂取量に関して

ココナッツオイルで認知症をケアをするための摂取量は?

ココナッツオイルを食事のなかに取り入れることによって、認知症を改善へと導いていくためにどの程度の摂取量が必要になってくるのでしょうか?

 

ココナッツオイルが認知症を改善させた事例としてアメリカでの事例をお話しします。

 

その事例とは、
毎日大さじ2杯半のココナッツオイルを朝昼晩の3回、アルツハイマー病による認知症患者に与えたところ、2か月後に会話能力が向上した、というものあります。

 

そして、結果的に今までは乏しかった表情にも精気が戻ってきた、と報告されています。


ココナッツオイルで認知症を改善するための摂取量と注意点

この事例からもわかるように、あまりたくさんのココナッツオイルをとればよい、というものでないことがわかると思います。

 

そして、少し注意していただきたいのは、認知症を改善するためにココナッツオイルを摂取する場合、体質的に下痢などの不調を起こす場合がある、ということです。

 

こうした場合はあまり無理をせずに、先ほどの大さじ2杯半よりも少な目にとり、体が慣れてきたならば、少し増やすという摂取の仕方がいいでしょう。

 

ココナッツオイルを認知症患者に食べさせてあげる場合はこうした体調面にも注意しながら、摂取量を考えてあげてみることもまた大切だということですね。

スポンサードリンク

関連ページ

予防
ココナッツオイルで認知症を予防することはできるのだろうか?